2011年11月15日

自分ち仕様に変更 〜12V〜

前のオーナーはバッテリーの端子を出かける時に繋ぐというスタイルだったらしいので問題なかったと思うことです。
面倒くさがりの自分には帰ってきて片付けだけでは済まない常時通電を解消したいので電源線にスイッチを着けました。

ただ直流のスイッチはキャンカーや船用を買うと非常に高いので流用します。
今回はスイッチつき4連シガーソケットを分解しました。


火事になると困るので各線にヒューズは入れましたがそれでも熱を持つようであれば線径を変更する予定ですが多分今のところ大丈夫です。
真似をされるかたがいれば自己責任でお願いします。

目一杯電気を喰う使い方を3時間くらいででも熱くはなってないので良いと判断してます。
本当は電流計があるといいんですが。。。

アースに丸端子をつけて


接続端子を圧着して


動作を一応確認して


設置して完了〜


これで待機電流もなく気が付いたらバッテリーが空っぽが避けられます。
d=(´▽`)=b
posted by 殿ぱぱ at 07:15| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンピングカー 快適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じタイプのスイッチBOX持ってます。
しかも3個も・・・・(笑)。

確かにシガーソケットを外せばスイッチ用で使えますよね。

実は、これ一度ショートさせてしまってからそのままお蔵入りになってました。今度、動作テストしてみようかな・・・?。



Posted by ELSINORE at 2011年11月15日 09:34
Elさん
見栄えのいいキャンカー用の4連とかは安くても
5千円以上はするのでうまく使えばと思ってやりました。

思ったより使えます。
ショートだったらヒューズ程度で最悪線交換すれば問題ないですから、ELさんも自己責任で(笑)よろしくお願いします。
Posted by 殿ぱぱ at 2011年11月15日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。