2011年04月16日

ギャレーのコーキング処理

それは先週のオフ会のときに発覚しました。

二日酔い確定だなと確信して早朝に目覚めたときに薬置き場が薄っすら濡れているのです。
その時は

”なーんだぬれているだけか・・・”

と酔っ払ってたわけですが。


今日になってそれを思い出し見てみると
ギャレーの周りのパッキンがところどころめくれたり千切れたりとかなりの劣化のしようでした。

TR-4のときはひたすら防水関係はコーキングと決まっていたので、細かいところでも違うんだなと改めて思っちゃいました。
ギャレーはひずんでいたりしてて、これはやっぱりコーキングだ!

と、先ほど施工しました。

image/2011-04-16T14:53:02-1.jpg

あとは乾燥させて一応漏水テストをして完了!

あんまり使う前でよかった。。。
posted by 殿ぱぱ at 16:28| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンピングカー メンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど!。TR−4の時にはですか・・・??。
台数を重ねると修理も楽しいものでございます(爆)。
次回、楽しみにしております。


Posted by ELSINORE at 2011年04月17日 06:30
ELさん
中古ばかり乗り回していますので修理関連には相当なれました。
同時にお金をあまりかけない方法も。。。(爆

前向きな手直しをしたいですね。次は
Posted by 殿ぱぱ at 2011年04月17日 22:53
> なーんだぬれているだけか・・・

酔っ払ったままにしておかなくて
良かったね。

雨漏り・水漏れは、一番嫌だもんね。
Posted by CLIO at 2011年04月18日 05:41
CLIOさん
自走のときにいやな経験してますから、早め早めって思っちゃいますよ。
なので、特許を行使しても忘れてませんでした(汗
Posted by 殿ぱぱ at 2011年04月18日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196129634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。